HOME > 収益性分析TOP > PBRについて

PBRについて



はじめに


PBR = 株価
1株あたりの株主資本
1株あたりの株主資本 = 株主資本
発行済み株式数
・資産に対して株価が割安かどうかを探る
株主資本については「ROEについて」の所でも述べましたので、 そちらを参照されてください。 投資の大原則は利益を追求することで、投資した会社が利益を生み出すことが出来なければ、 会社を整理して資本を回収するなり、別の投資先へと資金を振り分けるなりする必要があります。 株主資本は会社の解散価値とも言われ、会社が解散した際に株主の手に戻ってくる物です。



PBR利用の注意点


PBRは通常は1倍に近づきさらには下回るほど割安と判断するのですが、 実際にはそれほど単純ではありません。 PBRを利用する際は「将来の株主資本の推移」「株主資本の評価」といった点も考慮する必要があります。



将来の株主資本の推移


株主資本は利益が出ていれば剰余金の積み増し等で増加し、 赤字になれば剰余金の切り崩し等で減少します。 株主資本と言うのは将来の業績動向により増減するものです。 現在の株主資本を元にしたPBRと言う数値だけをみて 1倍に近いから割安、値が1倍から超過しているから割高とは一概にはいえないのです。 一見割高に見えるPBRも将来の株主資本から見れば妥当だと言うケースも 十分に考えられます。逆に割安に見える場合も同様です。

将来の株主資本増加 現在株価上昇 現在PBR上昇

将来の株主資本減少 現在株価低下 現在PBR低下



株主資本の評価


日本では土地や株式などの資産は取得時の価格で資産の部に計上されます。 含み益や含み損を抱えていようが資産額は変わりません。 かりに含み益を抱えていた場合、財務諸表では株主資本が過小に表示されることになります。 逆に含み損なら過大に表示されることになります。
株価には含み益や含み損も反映されているので、 含み益の状態なら株主資本のみ過小に評価されることになり、 その結果PBRは一見割高に見えます。 逆に含み損の状態なら株主資本のみ過大に評価されることになり、 その結果PBRは一見割安に見えます。 したがってPBRが割安だからといってそれが含み損によるものなのかどうか、 また割高だからといってそれが含み益によるものなのか 等も判断する必要があるといえます。

なお2001年3月から時価会計が導入され、これにより株式に関しては時価により評価されることになりました。また土地・建物についても2006年3月から減損会計が導入され、含み損について評価されることになりました。 これらの制度改正により株式の含み益、含み損、土地や建物の含み損の問題は解消されることになり、残る大きな問題は土地や建物の含み益ということになります。PBRを利用する際は将来の株主資本の推移と土地や建物の含み益に考慮して使うとよいでしょう。PBRには土地や建物の含み益も加味して求める実質PBRと呼ばれる指標もあります。




※参考資料


※実践編


PERについて ||
TOPへ HOMEへ

text 2005/07/31




収益性分析一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。