HOME > 収益性分析TOP > PERについて

PERについて



はじめに


PER = 株価
1株あたりの利益(EPS)

EPS(1株当たりの当期純利益) = 当期純利益
発行株式数
PERとは株価収益率のことで株価が1株当たりの利益(EPS)の何倍になるかを見るものです。PERはPrice Earnings Ratioの略で、株価と利益の比率という意味です。EPS(1株当たりの当期純利益)は当期純利益を発行株式数で割って求めます。EPSはEarning Per Shareの略で1株当たりの利益という意味そのままです。



株価が割高か割安かを判断


株を購入すると企業から利益を原資とした配当が配られます。利益は多いほど配当も多くなります。株価は株の評価額で、株を購入する際に必要となる金額です。株を購入することでより多くの配当が得られるほどその株は収益性は高いといえます。配当は利益を原資としているので株価に対して利益が大きいほど収益性が高く、利益が少なければ収益性は低くなります。

PERは株価と利益との比率で、株価に対して利益が多いほどPERの数値は小さくなり、逆に株価に対して利益が少なければPERの数値は大きくなります。このことからPERの数値が小さいほどその株価は収益性が高く割安で、PERの数値が大きいほどその株価は収益性が低く割高であるといえます。このようにPERからは株価は割安であるか、割高であるかを見ることが出来ます。

株価に対して利益が大  収益性が高い  PERは低くなる  株価は割安

株価に対して利益が小  収益性が低い  PERは高くなる  株価は割高



市場の将来性への評価がうかがえる


しかしながらこれは利益が今期以降も一定である場合の話です。当然ながら利益は業績により左右されるので増えることもあれば減ることも有ります。現在の利益だけから判断して株価が割安か割高かをみてもそれが将来にわたりそうなる確証はないのです。現在の利益に変わって来期以降にわたる予想純利益を用いてPERを求めるといった考え方も有ります。しかしながら来期以降の成長性を正確に分析することは容易なことではないのでこちらもあまり現実的な方法でありません。

一方で株価は将来の収益の拡大などの成長性を加味して市場によりその価格が決まります。市場が将来収益が伸びると判断すれば株価は上昇し、その株価を用いてPERを計算した場合、PERの数値は大きくなります。逆に市場が将来収益が伸び悩む、もしくは落ち込むと判断すれば株価は下落し、その株価を用いてPERを計算するとPERの数値は小さくなります。このようにPERからは市場がその企業の将来性をどのように判断しているのかを見ることが出来るのです。PERで用いる利益が現在の利益である以上、そのPERの株価が割安であるか、割高であるかは判断できませんが、PERからは市場がその企業の将来性をどのように判断しているのかを見ることが出来るのです。

将来性が高い  株価上昇  PERが高くなる

将来性が低い  株価下落  PERが低くなる



業種ごとの平均PERは参考になるのか?


例えばある業種の平均PERが30としましょう。確かに業種が同じであれば成長率も近くなる傾向にあります。 しかしながら同じ業種であっても当然企業ごとに成長率は異なります。大きく成長するところもあればあまり成長できないところもあるでしょう。業界平均PERが30倍で、ある企業のPERが20、だから割安とは判断できないと言うことです。それは市場がその企業はその業界の他の企業に比べ成長性が低いと判断した結果なのです。逆に言えばPERが40だからと言って割高ともいえないということです。 PERだけでなくその企業の成長性もみなければ株価の割安・割高は判断できないのです。




※参考資料
投資家のための企業分析入門
はじめての株式投資 日経文庫Personal
決算書 読解力の基本が身につく88の極意
企業価値を創造する会計指標入門


EBITDA || PBRについて
TOPへ HOMEへ

最終更新日 2015/06/09
公開日 2006/06/13




収益性分析一覧















Copyright(C)2013 kain All Rights  Reserved
当サイトはリンクフリーです。掲載内容の無断転載はいっさい禁止します。